北海道学費と奨学金を考える会『インクル』

インクル(正式名:北海道学費と奨学金を考える会)は奨学金・学費問題に取り組む団体です。

 

僕は大学3年生。

バイトバイト、バイトの毎日。

奨学金も借りているけど、毎月5万円では学費でほとんど消えてしまう。

周りの同級生たちも同じようにバイトしたり、奨学金借りて学生生活を送っている。

「バイトの経験も大事な勉強」なんて言われて。僕もそうだと思っていた。

 

そんな大学生活もあっという間に過ぎ去り、ぼくも就活するときがきた。

「学生生活で力を入れたこと」、もちろんバイトだ。経験をアピールしよう。

店長に怒られたこと、それでも頑張って認めてもらえたこと…話は尽きないんだ。

 

でも、待てよ。

僕の「学生生活」とは、バイトのことだったんだろうか。

 

 

高校生のころ想像してた「大学生の僕」。

毎日色んなことを勉強して、何だか難しいことを母さんに偉そうに語ってきかせてる姿を想像していた。

 

大学で何をしていたんだろう?

大学で何か学んだのだろうか?

卒業したら、何が残るんだ。

 

バイトするために大学に入ったんじゃない。

ぼくは凄く賢くなって、物知り顔で、母さんに…

 

 

いま、エントリーシートに書いているのはバイトの話ばかり。

僕が話したかったのは、こんなことじゃなかったのに。

 

 

いまの僕に残されているのは奨学金という借金だけ。

大学で勉強する時間も、話す相手も、永遠に戻ってこない。